g ネイリストを目指すあなたへ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ネイルをうつくしく飾ってくれるスペシャリスト、それが「ネイリスト」なのです。

>>ネイリストを目指すあなたへ


ネイリストになるためには、必ずしも何か資格が必要であるという訳ではありません。
ネイルアートの本場アメリカとは違い、ネイルの資格は国家資格ではないためです。
ただし、ネイルアートも年々繊細且つ複雑化したものが主流となっており、お客様の要望も高くなってきていることから、豊富な技術や経験・健康な爪に関するスキルがなければ現場で活躍する事が出来ません。

こうした中で検定資格も大きく注目されるようになってきました。
資格には1〜3級までの階級があり、1級に関しては、アメリカの国家資格と同等のスキルの証明になるほどのレベルになります。
また、爪の生理細胞学や化粧品学・技能など様々なスキルを認定する資格であり豊富な知識や繊細な技術を得ているかどうか認定する為の資格試験です。

ネイリストの平均年収はおよそ300万円前後と言われていますが、営業の仕方によっては500-800万前後の収入を得ている方もいるようです。
ネイルサロンはわずかなスペースで施術が出来る為、美容院やエステティックサロン商業施設の一角などで店舗運営を行なえる事やおよそ80万円前後の資金で開業できる事など女性が経営者としてスタートしやすい環境である事も魅力です。

ネイリストは、女性を美しくする仕事です。
ネイルの仕事は、爪を美しく飾りたいと思っているお客様の希望を叶え、しかも、その結果をすぐにお客様に見せてあげることができます。
美しくなった自分の手を見て、すごく喜んでくれることでしょう。その瞬間をネイリストは見ることができます。
そのようなことに喜びを感じるネイリストもきっと多いと思います。


ネイリスト資格を持ってると有利!?

ネイリストを目指す方にはネイリストの資格試験があります。
ネイリストを目指す方向けの技術・知識の向上を目的とした実践に役立つ検定試験です。
必ずしもなくてはならない資格ではありませんが、サロンでの勤務を考えているひとには有利になる資格です。
ネイリスト技能検定は1級、2級、3級の3段階に分かれています。
ネイリストになるための必須の資格ではありませんが、ネイルサロンで働く場合には最低限2級は必要になることが多いです。

《3級》ネイルの基礎知識のマスター。ネイルケアに関する基本的な技能及び知識。合格率: 88.4%
《2級》サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートに関する技能及び知識。合格率: 36.3%
《1級》トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技能及び知識。合格率: 38.4%


資料請求はコチラから


リンク